no-image_a

[バレ注意]『君の膵臓を食べたい』って漫画読んだけどクッソ泣けたわ

人気記事
1: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:45:30.939 ID:3C592DtS0.net

久々に大泣きした
すげーな

5: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:48:02.199 ID:DNySdxI50.net

マンガの方かい

6: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:48:52.271 ID:dhGbul8md.net

あらすじを4行で

10: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:51:43.741 ID:3C592DtS0.net

>>6
主人公引きこもり
同級生(メス)膵臓癌を両親以外で唯一知る
仲良くなる
通り魔に殺される

13: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:53:14.727 ID:dhGbul8md.net

>>10
ええぇぇ
殺されてから話が始まるの?

19: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:55:39.658 ID:dQs/AdsM0.net

>>13
ラストシーン墓の前で女友達と仲良くなりましたみたいな感じだし

文体はラノベに近いけどラノベ層でもないんだよな、リア充層に多分一番ウケてた

15: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:55:03.710 ID:UqvSKlPxa.net

>>10
昔のケータイ小説との違いが分からない

9: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:50:52.133 ID:dQs/AdsM0.net

小説の方はなんとも言えなかった
げんふうけいを女性向けにしてボリュームとラノベ感増した感じ
売れるのはわかるけど、なんか名だたる文学賞に推されかけててそりゃなんか違うだろっていう

18: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:55:26.288 ID:YjvlNx5YK.net

CMの「タイトルに泣きました」って意味分からん。
中身は読んでないのか。

22: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:56:43.229 ID:3C592DtS0.net

マジ切ない

23: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:57:46.474 ID:YjvlNx5YK.net

俺も小説書こうかな。
タイトルは「君と雑炊を食べたい」

24: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:57:52.399 ID:3RqjDbFd6.net

膵臓の病気って罹ってもやつれたりしないもんなの?
死ぬまで美人だったけど

26: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:58:39.961 ID:3C592DtS0.net

>>24
窶れる前に殺される

25: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:58:26.428 ID:kgmDNyXA0.net

日記みたいなん親の前で読んで最後に泣いたとこくらいまで見た

27: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:58:57.719 ID:3C592DtS0.net

>>25
あと少しじゃねーかよ

28: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:00:13.734 ID:/Jt1tOoSa.net

病気で死ぬんじゃねえのかよw

30: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:01:04.521 ID:3C592DtS0.net

>>28
だから泣ける

31: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:02:18.791 ID:QlgtKLBT0.net

>>30
通り魔に殺されればなんでもいいんじゃねえか

32: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:03:07.806 ID:Thy0yo4xK.net

タイトルのインパクトが全て

33: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:04:25.642 ID:/Jt1tOoSa.net

まぁ病気のキャラにありがちな
「残された時間を精一杯生きる」
って気持ちの説明だとか、共有だとかを丁寧に書いて
その上でそれすら許される事なく死んでしまった場合
泣けはするんだろうけど感動とかそういう雰囲気に持っていけるのかなぁ?
感が

まぁ読んだら納得するかもしれんけど

40: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:10:22.300 ID:8c6zec0l0.net

『君の膵臓をたべたい』(きみのすいぞうをたべたい)は、住野よるによる日本の青春小説。略称は「キミスイ」。

住野よるのデビュー作であり、小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿したところ、ライトノベル作家の井藤きくの目に留まり、双葉社に紹介され、出版に至った。
「本屋大賞」2016第2位、「ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR 」2位、「2015年 年間ベストセラー」6位(文芸書・トーハン調べ)、「読書メーター読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位、「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(トーハン調べ)、「2016年 年間ベストセラー」総合4位、単行本フィクション1位(日販調べ)と高く評価された。

2016年12月、第3回Yahoo!検索大賞 カルチャーカテゴリ 小説部門賞を受賞。
2017年3月時点で累計発行部数は75万部。
2017年に実写映画化予定。

wikiにもちゃんと書いてあるのな

65: 名無しさん : 2017/06/24(土) 08:56:48.770 ID:YO9nHTNTd.net

>>40
なろう小説でワロタ

68: 名無しさん : 2017/06/24(土) 10:18:18.173 ID:2TKSw3lg0.net

ああノベルなんだ
どうりで

4: 名無しさん : 2017/06/24(土) 07:47:12.808 ID:3C592DtS0.net

この漫画は子供達に読ませたいわ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする